mora qualitas story運営部がおすすめする、高音質が心地いい“雨うた”5選!後編

mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

mora qualitas story運営部がおすすめする厳選“雨うた”の後編です。前編では雨の日に聴くと心をリラックスさせてくれる音楽をご紹介しました。今回は、ズーンと沈みがちな気分を一掃してくれる、雨の日でもパワーが湧いてくる音楽をご紹介します。

お読みいただいた後はいいねを押し、みなさんのおすすめの“雨うた”をコメントで教えてください。

▼前編はこちら

https://story.mora-qualitas.com/story/517

記事内画像

①Indra Rios-Moore「I can see clearly now」 (『Carry My Heart』より)

I Can See Clearly Now
I Can See Clearly Now
Carry My Heart
Indra Rios-Moore

mora qualitasで聴く

アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ
アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ
Don't Smoke In Bed
ホリー・コール

mora qualitasで聴く

「 I can see clearly now the rain is gone」と始まるこの楽曲、カバーも多いですよね。叙情的ながらもパワフルな歌声がとても魅力的。声の余韻すら鮮明な、ハイレゾならではの音楽体験がたまりません。視界が晴れ、“これから人生が好転していきそうだ”という前向きな気持ちを歌い、まさに憂鬱な気分を一掃してくれそうです。少し乾きを感じるサックスの音色もまたリアル。原曲のジョニー・ナッシュのバージョンやジミー・クリフのカバーも有名ですが、雨の日にはゆったりと歌うこちらのバージョンがイチオシです。ホリー・コールがカバーしたバージョンもおすすめですよ。(運営部T)

②B. J. Thomas「Raindrops Keep Fallin' on My Head」(『Golden Legends: B.J. Thomas (Rerecorded)』より)

Raindrops Keep Falling on My Head (Rerecorded)
Raindrops Keep Falling on My Head (Rerecorded)
Golden Legends: B.J. Thomas (Rerecorded)
B.J.トーマス

mora qualitasで聴く

雨にぬれても
雨にぬれても
Butch Cassidy And The Sundance Kid
バート・バカラック

mora qualitasで聴く

第42回アカデミー賞では主題歌賞を受賞。邦題「雨にぬれても」は不朽の名作映画『明日に向かって撃て!』の主題歌として、スタンダードな曲ながら聴けば誰もが知っている、洋楽の代表曲の1つではないでしょうか。作曲家バート・バカラックの名を世界中に広めた、彼の仕事を代表する曲の1つでもあります。一定のリズムで奏でられる、朗らかなギターの音色が味わい深く、語りかけるような独特の歌い方が魅力的。歌う言葉1つ1つに思いをのせ、空に抜けるような歌声が清々しい気分にしてくれます。映画のサウンドトラックから、インストバージョンも是非お楽しみください。(運営部D)

③Panic! at the Disco「High Hopes」(『Pray for the Wicked』より)

High Hopes
High Hopes
Pray for the Wicked
パニック! アット・ザ・ディスコ

mora qualitasで聴く

ポップで思わず踊り出したくなる、Panic! at the Discoの最新アルバムからの1曲。憂鬱な雨の日の通勤・・・。ですが、この曲のイントロを聴くだけでスカッと心が晴れ、気分が高まります。歌詞の内容が「高い希望をもって生きなさい」という母親の教えがテーマになっていて“今日も生きるぞ!”という前向きな気持ちになります。イントロから格好良いのですが、サビの力強いボーカルでスカッとします。音の情報量がしっかりと感じられ、ハイレゾならではの賑やかな臨場感を楽しんでもらいたいです。(運営部A)

④Solange「Don't Touch My Hair (feat. Sampha)」  (『A Seat at the Table』より)

Don't Touch My Hair
Don't Touch My Hair
A Seat at the Table
Solange

mora qualitasで聴く

2016年に発売となった自身3枚目のアルバムからの1曲。“Empowerment/女性の社会的地位の向上”、“Independence/自立”、“Grief&Healing/悲しみと癒し”。強いメッセージが込められた今作はしなやかで、アルバム全体としてソフトなサウンドが印象的。なかでもこの曲は、ボーカル+鍵盤+キックというミニマルなイントロから、サビに向けて徐々に音数が増える構成で、1つとして同じではない、奥行きのあるサウンドがハイレゾで聴くとしっかりと味わえます。ホーンセクションの音が強調され、音圧が一気にあがるラストの盛り上がりは爽快です。ソランジュの声にそっと寄り添うような、サンファのリラックス感のあるコーラスも注目です。(運営部H)

⑤Nulbarich「Twilight」(『NEW GRAVITY』より) 

Twilight
Twilight
NEW GRAVITY
Nulbarich

mora qualitasで聴く

生演奏、またそれらをサンプリングした音作りを特徴としているNulbarichの最新アルバムより。初めて聴いた時、水分を含んだ空気を纏う、カラッとしきらない雨上がりの街中をテクテクと闊歩しているような気分に。リズミカルなイントロに惹かれ、爽快ながらも軽快すぎないアンニュイさが、雨降り後のモチベーションにしっくりきます。じんわりとした余韻を感じるモダンなサウンドのなかで、張りのあるギターやドラムの音色がスパイスとなってピリッと引き締まる。音のメリハリ感も楽しめる、ハイレゾで聴いていただきたい1曲です。「なにもないけど満たされる」という意味のバンド名が示すように、音楽で心が豊かなっていくようです。 (運営部Y)

mora qualitasには雨をテーマにしたプレイリストが、アップデートして多数揃っています。その時の気分に合わせて是非お楽しみください。

“雨”がテーマのおすすめプレイリストはこちら

■“雨”にフォーカスした必聴プレイリスト

雨の日に聴きたい洋楽
雨の日に聴きたい洋楽
雨に煙る光景を窓越しに眺めながら聴きたい洋楽をコンパイル。

mora qualitasで聴く

雨の日に聴きたい邦楽
雨の日に聴きたい邦楽
雨に煙る光景を窓越しに眺めながら聴きたい邦楽をコンパイル。

mora qualitasで聴く

雨の日のクラシック
雨の日のクラシック
雨や水をテーマにした曲をセレクト。ちょっとメランコリックな気分になる雨の日、したたり落ちる雨の粒を見ながら聴けば、しっとりと落ち着いた気分になることでしょう。

mora qualitasで聴く

■雨音をバックグラウンドに、しっとりとジャズ

[HR] Rainy Day Jazz
[HR] Rainy Day Jazz
雨が降る日にしっとりと聴きたいジャズ・セレクション。

mora qualitasで聴く

■雨音をバックグラウンドに、しっとりとジャズ

Rainy Blue
Rainy Blue
雨の日のメランコリックなムードをまとったサウンドをピックアップ

mora qualitasで聴く

Feelin' Blue
Feelin' Blue
孤独、寂しさ、自分の内面と向き合いたいとき……そんなムードをイメージした“ブルー”なプレイリスト。

mora qualitasで聴く

過去のストーリー

今週の人気投稿まとめ 2021/06/15
mora qualitasで“今日、これ聴ききました”を教えてください
“初心者におすすめの”オーディオを紹介しませんか?
mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

mora qualitas storyの公式アカウントです。お知らせだけでなく、皆さまに楽しんでもらえる様々な企画や特集も発信していきます。高音質ストリーミングサービス“mora qualitas”をお楽しみください。https://mora-qualitas.com/ Twitterはこちら https://twitter.com/moraqualitas_JP

0件
 のコメント

コメントの閲覧・投稿にはログインが必要です