mora qualitas story運営部がおすすめする、高音質が心地いい“雨うた”5選!前編

mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

様々なテーマでmora qualitasで楽しめる音楽を紹介してきたこのシリーズ。ジメジメとした梅雨のシーズンが近づいてきたということで、今回は“雨うた”をセレクト。どこか心沈みがちな雨の日に心をリラックスさせてくれる、運営部メンバーおすすめの音楽をお楽しみください。

お読みになった後はいいねを押し、みなさんのおすすめの“雨うた”をコメントで教えてもらえると嬉しいです。

記事内画像

①ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団「交響曲 第5番 嬰ハ短調: 第4楽章: Adagietto. Sehr Langsam」(『Mahler: Symphony No.5 In C Sharp Minor』より)

Mahler: Symphony No.5 In C Sharp Minor
Mahler: Symphony No.5 In C Sharp Minor
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

mora qualitasで聴く

映画『ヴェニスに死す』でも使用された名録音として、ご存知の方も多いのでは?世界屈指の美しい旋律を奏でるベルリンフィルと、オーストリア国内外で圧倒的な人気を誇った指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンが織りなす、柔らかなストリングスの波に身を委ね、リラックスしてみてはいかがでしょう。楽曲の最終パート11:10から20秒近くも続くフェルマータが、甘く切なく陶酔的な曲想を見事に盛り上げています。聴き終えると、体の余分な力がすっと抜けたような心地よさがあります。トータルとして演奏を極め、とてもゴージャスです。 (運営部T)

②Norah Jones「Come Away With Me」(『Come Away With Me』より)

Come Away With Me
Come Away With Me
ノラ・ジョーンズ

mora qualitasで聴く

9つのグラミー賞を受賞。2002年に発売し、全世界でトータルセールス2000万枚を超えた、説明不要のデビューアルバムにして最高傑作といえる超名盤からセレクト。アルバム全体を通して、どこか“雨の匂い”を感じられる、梅雨の季節が来ると無性に聴きたくなる作品です。立体的に聴こえてくる楽器の1つ1つの音色、脱力感のあるナチュラルな歌声。是非アルバムを通して聴いてリラックスしてほしいなと思います。(運営部D)

③Usher「Climax」(『Looking 4 Myself (Expanded Edition)』より)

Climax
Climax
Looking 4 Myself (Expanded Edition)
アッシャー

mora qualitasで聴く

YEAH!
YEAH!
Confessions (Expanded Edition)
アッシャー

mora qualitasで聴く

「YEAH!」の印象が強いUsherですが、個人的にはしっとりR&Bを歌うUsherも好きです。ハイレゾで聴くとよりいっそう神秘的なトラックと、甘い声の掛け合わせが最高です。歌詞はちょっと悲しい内容ですが、雨の日はこのトラックとこの声にとても癒されます。あまり主張が強すぎないトラックが、Usherの声を引き立てます。1:00~のサビ前にちょっと力強く歌うところがあり、繊細な歌声の変化に心をもっていかれます。 (運営部A)    

④Alva Noto「Uni Mia」(『UNIEQAV』より)

Uni Mia
Uni Mia
UNIEQAV
Alva Noto

mora qualitasで聴く

坂本龍一とのコラボレーションで知られる、Alva Notoことカーステン・ニコライによる、リズミカルでダウンスフロア向けの作品の出口である〈Uni シリーズ〉。その最後を飾った『UNIEQAV』からの1曲です。無機質で研ぎ澄まされた音楽は、都会の大雨と非常によく合います。ひたすら反復される重低音の効いたキック。不穏な電子音と8分で刻まれるグリッチノイズ、コンクリートを打ちつける雨の音で頭の中がスッキリします。ハイレゾで聴くと1つ1つの音が粒子のように鮮明です。できればアルバムを1枚通して聴いてほしい作品です。 (運営部H)

⑤宇多田ヒカル「In My Room」(『First Love [2014 Remastered Album]』より)

In My Room
In My Room
First Love [2014 Remastered Album]
宇多田ヒカル

mora qualitasで聴く

1998年に彗星のごとくデビューして以来、唯一無二の音楽を届け続ける宇多田ヒカル。彼女のこのファーストアルバムを聴いて、「こ、こ、こ、これがR&Bっていうのか。」という衝撃と同時に、ちょっぴり大人の気分に慕っていた小学生時代を思い出します。切ない恋心を歌うこの曲ですが、“戦う日もあるけど、疲れちゃったよ”というサビに共感せずにはいられません。雨の日のおセンチな気分を受け入れ、今日はのんびり部屋で過ごし、雨が止んだら頑張ろうと思える心のビタミンソングです。どんなにカラオケでマネしたくても真似できない繊細かつ憂いのある声色と、多様なリズムのグルーヴ感をハイレゾで楽しみながら、雨の日を過ごしてみてはいかがでしょうか。(運営部Y)

後編でも“いい音”で楽しむ雨うたをご紹介します。

過去のストーリー

今週の人気投稿まとめ 2021/06/15
mora qualitasで“今日、これ聴ききました”を教えてください
“初心者におすすめの”オーディオを紹介しませんか?
mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

mora qualitas storyの公式アカウントです。お知らせだけでなく、皆さまに楽しんでもらえる様々な企画や特集も発信していきます。高音質ストリーミングサービス“mora qualitas”をお楽しみください。https://mora-qualitas.com/ Twitterはこちら https://twitter.com/moraqualitas_JP

0件
 のコメント

コメントの閲覧・投稿にはログインが必要です