sony cas-1 を使ってみた

dsk
dsk

sonyのコンパクトオーディオ cas-1。暫く使っていなかったのですが、昨年より在宅が増えたことから引っ張り出しで使っています。2015年発売。ハイレゾ、デスクトップオーディオというワードが流行りだしていたころですね。ハイレゾ対応している本機、音質に関しては、各所でのレビュー・評判の通り満足のいくもので、ひとことで言えば非常によくできたコスパ最高の製品だと個人的には思っています。mora qualitasを利用するときにも活躍してくれています。

スペック的な評価はさておき、いくつかお気に入りのポイントがあります。

記事内画像

1点目は、「コンパクト」さ。用途としては当然据置なんでしょうが、そのコンパクトな機動力(?)を活かしてデスクに置いたり、ダイニングテーブルに置いてみたり、気分で色々シーンを変えて楽しむことができてしまいます。モバイルとはいきませんが、良い音をスピーカーからの外音で自由に楽しむことが手軽に叶います。オールインワンのコンポやラジカセで育ってきた世代ですが、音楽を鳴らしている時間がステイホームで圧倒的に増えました。

2点目は、「LDAC」対応。PCから有線接続しニアフィールドリスニングに最適化された製品ですが、手軽に聴く際にはLDACで接続しワイヤレス再生。高音質ストリーミングもハイレゾ相当のままの品質で臨場感・迫力のあるサウンドで楽しめます。1点目の設置場所をあまり選ばないという点に加えてリスニングが非常に捗るポイントです。搭載されているアンプも良い物のようでパワフルに鳴ってくれます。

最後に、個人的な推し「Low Volume Mode(LVM)」です。小さな音量でも音質やバランスを保てるようにと用意された音質補正の機能のようですが、これをONにしてみると低音の出がグッと良くなります。このサイズのスピーカーにありがちな低音の物足りなさ、弱さをしっかり補ってくれます。イコライザのようなものなので賛否あるとは思いますが、ジャンル問わずですが最近の洋楽なんて抜群に調子が良いです。

記事内画像

その他にも、フルデジタルアンプ搭載、専用のスピーカー設計、スピーカー/ヘッドフォン用それぞれに独立した専用アンプが積まれていたり、付属品がやけに豪華だったり、、当時のソニーの全部入りみたいなプロダクトという点でもコスパ最強です 笑

当時中古で手に入れましたが、トラブルもなく現在も現役で活躍してくれています。

0件
 のコメント

コメントの閲覧・投稿にはログインが必要です