mora qualitasでハイレゾを快適に楽しむ方法(WALKMAN入門編)

mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

mora qualitas storyでは、PC・モバイルアプリ編にわたり、mora qualitasでハイレゾ楽曲を楽しむ方法をご紹介してきました。ところで、5月28日(木)のソフトウェアのアップデートを機に、ウォークマンの「NW-ZX500シリーズ」と「NW-A100シリーズ」がハイレゾストリーミングに対応可能になったのは、みなさまご存知でしたか?

記事内画像

音質へのこだわりが追求された、この2つのシリーズのウォークマン。独自の技術によって、ハイレゾ相当の音を身軽に楽しむことができます。高音域再生において、ノイズ除去性を高めたフルデジタルアンプ“S-master HX”、そして楽曲が本来持っている情報をAIが解析して復元する“DSEE-HX”を搭載。CD音質や圧縮音源で失われてしまいがちな高音域の波形を予測して復元し、ビット深度を24bitまで拡張したことで細かな音を捉え、臨場感のある音が味わえます。

さらに「NW-ZX500シリーズ」はバランス接続にも対応。ヘッドホンから聴こえる左右の音色が干渉することなく、クロストーク(左右の信号の混信)を限りなく低減することで、より立体的な音を体感することができます。

記事内画像

これまでのウォークマン「NW-ZX500」と「NW-A100」シリーズでは、既にインストールされている音楽再生アプリ「W.ミュージック」を使用することで、384kHz/32bitで音楽データを再生可能でした。しかし、従来の同シリーズではハイレゾストリーミングを使用すると、48kHz/16bitにダウンコンバートされた状態で再生されていました。ところが、5月28日(木)のソフトウェアアップデートを機に、ハイレゾのまま再生することが可能になったのです。(有線のヘッドホンへ出力した場合)

遡って今年2月のソフトウェアアップデート時には、“自動電源オフ機能”が導入され、待機時の消費電力を大幅にカットすることに成功。データ容量の大きいハイレゾ音源も、バッテリーへの負担も軽減して存分に楽しめることができるようになりました。

ハイレゾストリーミングの設定方法は?

WifiまたはMusic Center for PC経由でアップデートした後、設定画面にて「ハイレゾストリーミングの使用」という項目をONにします。設定変更してWALKMANを再起動後にお楽しみください。

記事内画像

PC・モバイルアプリ、そしてWALKMANと様々なかたちで高音質な音楽をお楽しみいただけるように展開してまいりましたが、今後とも様々なかたちで“いい音”で音楽を楽しむことができるよう、mora qualitasはサービスを展開してまいります。

▼PCアプリ編はこちら

https://story.mora-qualitas.com/story/113

▼モバイルアプリ編はこちら

https://story.mora-qualitas.com/story/131

過去のストーリー

今年の夏はmora qualitasでJAZZ三昧、4週連続でプレイリストが追加
歌詞や歌声にグッとくる、あなたの“応援歌”は何ですか?
あなたならではの“mora qualitasの楽しみ方”を投稿しましょう
mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

mora qualitas storyの公式アカウントです。お知らせだけでなく、皆さまに楽しんでもらえる様々な企画や特集も発信していきます。高音質ストリーミングサービス“mora qualitas”をお楽しみください。https://mora-qualitas.com/ Twitterはこちら https://twitter.com/moraqualitas_JP

0件
 のコメント

コメントの閲覧・投稿にはログインが必要です