mora qualitasでハイレゾを快適に楽しむための方法(PCアプリ入門編)

mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

これまでのCD (44.1kHz/16bit)が持つ情報量を上回るハイレゾ。細かなサウンドを捉えて現場の臨場感までも体感でき、音楽の楽しみ方が広がります。

しかし、“ハイレゾ楽曲を再生する”という言葉だけを聞くと、“オーディオ機器をたくさん買い揃え、テクニックが必要なのでは?”とハードルが高く感じてしまう方も多いかもしれません。そこで今回は、オーディオ機材にあまり馴染みのない方も気軽に実践可能。音質にこだわったmora qualitas(PCアプリ版)でハイレゾ楽曲を楽しむためのポイントをご紹介します。

記事内画像

まずはUSB-DACを用意

ハイレゾ楽曲を楽しむうえで、まず必要なのがUSB-DAC。ケーブルをつなぎ、再生端末から送られてくるデジタル信号をアナログに変換して音を再生できるようにします。このコミュニティサイト、mora qualitas story上でもDACに関する質問への回答が多く、たくさんの方が注目している製品です。

なぜUSB-DACが必要?

DAC(Digital to Analog Converter)はデジタルの音声信号をアナログ信号に変換し、最終的に人の耳で聴こえるようにするためには欠かせないものです。パソコン本体のスピーカーから音を出すために、パソコンにも必須の再生回路として搭載されています。では、なぜ新たにUSB-DACが必要なのか。パソコンに内蔵されているもので十分では?と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、パソコンの内部は電気によるノイズも発生しやすく、より良い音で音楽を再生するには不利な環境といえます。パソコンの外部でDA変換し、環境に左右されない音質的に有利な状況を作るというのが、DACを追加で導入する目的です。

外付けのUSB-DACへUSBケーブルを介してデータを送り、ハイレゾ、CD音源ともにその情報量に最適なUSB-DACで正確な音声信号を引き出すことが、高音質な音楽を楽しむためのカギとなるのです。

文字にすると、なんだかとても複雑に聞こえますが…。

記事内画像

図にすると、とってもシンプルでイメージが湧きませんか?パソコンとUSB-DACを繋いで音声信号を引き出し、さらにアンプで音声信号を増幅させて、スピーカーから聴こえてくるハイレゾ楽曲を堪能する。これぞ、ハイレゾ楽曲を楽しむためのベーシックなスタイルといえるでしょう。

図の場合は、アンプが内蔵されたパワードスピーカーを例に挙げています。“アンプは別に設置させたい”という方は、USB-DACとスピーカーの間にアンプを繋ぐことになります。ヘッドホンを使って聴く場合は、DAC機能が搭載されたヘッドホンアンプを用意して、手持ちのヘッドホンに繋いでお楽しみください。ヘッドホンもハイレゾ対応のものを利用すると、より高音質なサウンドが楽しめます。

USB-DACの種類は多様です。拡張性のある据え置きタイプや設置スペースを取らないポータブルタイプ、スピーカーやヘッドホンアンプと一体になっているものなどもあります。用途や製品のスペック(サンプリング周波数やビットレートなど)をしっかりと見極め、好みのひと品を見つけてください。

オーディオの出力設定を確認する

mora qualitasは、あらかじめパソコンに内蔵されているオーディオエンジンを介さずに、音楽を再生するための「排他モード」が搭載されています。パソコンから再生する音楽データをUSB-DACへと導き、さらにパソコン内蔵のオーディオエンジンの影響を抑えるためにはこの設定が大切です。アプリで音楽を再生する前に確認しましょう。

【設定方法(Windows)】

「WASAPI」「ASIO」の2つの再生方式を選択可能です。アプリ上の設定方法はFAQに詳しく掲載していますので、確認しながら設定してください。詳細はこちら(https://help.mora-qualitas.com/hc/ja/articles/360036052474)

記事内画像

「WASAPI(event)機器名」、「WASAPI(push)機器名」、「ASIO 機器名」のいずれかを選択し、再生に支障が出た時は切り替えて再生してください。WASAPIの「(Event)と(Push)」およびASIOでは、パソコンから出力される音楽データに差異はありませんので、安定して動作するモードを選択してください。また、ASIOを選択した場合、アプリケーションから音量を変えることができません。WASAPIを選択した場合は、音調調整機能があるUSB-DACに限り、アプリケーションか音量を変えることができます。

【Macの場合】

Windows同様にUSB-DACを繋ぎ、設定を確認しましょう。詳細はこちら(https://help.mora-qualitas.com/hc/ja/articles/360036553053)

記事内画像

OSのオーディオエンジンをパスする「排他モード」にチェックを入れることを忘れずに。排他モードにすると、音調調整機能があるUSB-DACに限り、アプリケーションか音量を変えることができます。

なおUSB-DACをご利用になる場合、特にWindows環境の場合は、ご利用になるUSB-DACに対応したドライバーを事前にインストールしておく必要があります。ドライバーは製造元メーカーがホームページなどで公開しています。そちらからダウンロードしてインストールしておきましょう。Mac環境の場合、多くはドライバー不要です。USB-DACを繋ぐだけで排他モード設定までを完了できます。

mora qualitasでは様々な音楽ジャンルのハイレゾ楽曲が展開され、今後も続々と登場する予定です。ハイレゾ楽曲だからこそ味わえる“音の違い”を是非お楽しみください。また、mora qualitas storyには、オーディオにまつわる様々情報が投稿されていますので、是非参考にしてみてください。

▼モバイル編はこちら

https://story.mora-qualitas.com/story/131

▼WALKMAN編はこちら

https://story.mora-qualitas.com/story/234

過去のストーリー

My Music Linernotes 大滝詠一『A LONG VACATION』配信記念インタヴュー(前編) 内藤哲也(ソニー・ミュージックスタジオ)
My Music Linernotes 大滝詠一『A LONG VACATION』配信記念インタヴュー(後編) 内藤哲也(ソニー・ミュージックスタジオ)
今週の人気投稿まとめ 2021/04/13
mora qualitas story公式
mora qualitas story公式

mora qualitas storyの公式アカウントです。お知らせだけでなく、皆さまに楽しんでもらえる様々な企画や特集も発信していきます。高音質ストリーミングサービス“mora qualitas”をお楽しみください。https://mora-qualitas.com/ Twitterはこちら https://twitter.com/moraqualitas_JP

2件
 のコメント
flatoil
YASU78

コメントの閲覧・投稿にはログインが必要です